cafe百花moka blog

gfcafemoka.exblog.jp
ブログトップ
2010年 03月 28日

TAP PROJECT 2010 はじまります!




a0122804_135142100.jpg



今、世界では5歳未満の子ども5人に1人は汚れた水しか飲むことができない環境で育っています。
今日も世界のどこかで、汚れた水と衛生環境が原因となって、3,800人もの子どもの命が奪われていることをご存じでしょうか。


3月22日は、国連が国際デー宣言決議で「世界水の日」と定めています。

ユニセフでは、この「世界水の日」を含む一週間、世界中の子どもたちに「清潔で安全な水」を届けられるように、TAP PROJECT という活動を行っています。
2007年にニューヨークから始まったこのプロジェクトは、今や、全米とカナダ、ニュージーランド、フィンランド、そして日本のカフェやレストランで展開されています。


cafe百花も、この支援活動に参加いたします。

日本では蛇口をひねれば、当たり前のように出てくる清潔で安全な水、わたしたちが毎日飲んでいるコップ一杯の水で、世界の子どもたちを一人でも多く守りたいと思います。

3月22日から3月28日の期間、cafe百花で普段はサービスで提供されている「無料の水」に対して、100円もしくはそれ以上の募金をお願いするキャンペーンになります。

例えば、100円あれば、一人の子どもが40日間、きれいな水を飲むことができます。
今回のキャンペーンを通じて集まった募金は、ユニセフがアフリカ南東部の島「マダガスカル」で行う「水と衛生の支援活動」に活用されます。

募金額の目標は2,000万円。
この支援が実現すれば、マダガスカルの20校の学校に給水設備やトイレができ、約5,000人の子どもたちが、清潔で安全な水を飲み、衛生的な学校生活が送れるようになる見込みです。

cafe百花にいらっしゃるお客さまにも、ぜひ、このキャンペーンへのご協力をお願いいたします。


a0122804_14252217.jpg



3月28日(日)お茶会と、2人の写真家によるアーティスト・トーク開催 @ la galerie

3月28日は TAP PROJECT 2010 最終日。
安全でおいしいお水が飲める事をありがたく感じながら、一杯のお茶をゆっくりと味わいましょう。
春うらら、お茶にまつわるお話や、お作法のお話etc. おいしいお菓子と共に楽しみましょう。

おいしいお茶を楽しんだ後は、2人の写真家によるアーティスト・トークを開催いたします。
la galerie にて個展開催中の山内浩氏と、写真家:多田ユウコ氏を迎えて「水にまつわる写真」をテーマにトーク・セッションします。



日 時:2010年3月28日(日) お茶会:14:00〜15:00 、 アーティスト・トーク:15:30〜
会 場:ギャラリー la galerie(GLAN FABRIQUE 1F)
料 金:お茶会 ..... ¥1,500(お茶+お菓子付)
    アーティスト・トーク ..... 無料
ご予約:072-604-2514(ギャラリーショップ・ムージャン)※アーティスト・トークは予約不要です。


・お点前:蓮池亜紀
大阪 茨木市にある ”橋本健二建築設計事務所 ”勤務。
普段はCADを操り現場をこなし、休日はお茶のお稽古に親しむ。
着物が似合う文化系建築士。

・抹茶:裏千家 今日庵 淡々斎宗匠お好み”福昔” ..... 自然が作り出す鮮やかな緑色とその香りやうまみをお楽しみ下さい。

・菓子:菓匠 日月餅 ..... 近江産無農薬羽二重餅米を使い、杵と臼でついたできたてのお餅を一つ一つ丁寧に包んでいます。


・多田ユウコ
大阪生まれ 建築写真家として活動しながら、自らのライフワークとしての写真製作活動を続けている。

第12回 プリンツ21グランプリ展2004 入選
2007年度 Mio写真奨励賞 10周年記念作品賞 受賞
第9回 上野彦馬賞 日本写真芸術学会奨励賞 受賞

個展、グループ展多数。
公式ブログ:http://tadayou.jugem.jp/



*イベント当日、カフェ百花は通常営業しております。お席にお着きになるお客さまについては、オーダーいただきます。
*カフェのお席をキープしてのギャラリーイベント参加は出来ません。お支払いを済まされてからのご参加をお願いします。




copyright 2003-2010 GLAN FABRIQUE inc. All rights reserved.
[PR]

by gf-cafemoka | 2010-03-28 13:00 | INFORMATION


<< 3/28(日)TAP PROJ...      GLAN FABRIQUE 営... >>